• 私たちの仕事
  • 私たちの仕事
  • 私たちの仕事
  • 先輩社員インタビュー
  • 教育・研修制度
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
育児休業制度の申請期間を確認

出産後は定められた期間内は、育児休業制度で育児に専念することができます。実際にいつまで 育児休業を活用するのか、雇用主側と家庭での調節が必要です。 保育園への入園について、産後から考えると産休前に予想していたスケジュールを変えることも 考えられます。 どうしても入園させたい場合は、育児休業の期間途中でも入園しやすい時期に合わせて職場復帰 することもあります。


各自治体に相談

各自治体が受け付け窓口になります。家庭状況に合わせた保育時間などを相談できます。
以下を先に確認しておくと保育園を絞りやすくなります。
・受け入れ可能月齢。
・申請方法。
・入園後の保育料。
・現在の定員状況。
・途中入園の募集状況。
・保育時間と早朝や間の延長有無。
各自治体のホームページでも、地域の保育園について説明があります。
ある程度、知識をもって 相談にいくとより具体的な保育園探しができます。


実際に見学

通園希望する保育園が決まったら、見学に行きます。実際に通う時のコースや移動手段でいくと、 負担の有無がわかりやすくなります。 特に、雨天など天候の悪い日にどうやって通園するのか考えてください。 保育園見学は急に訪ねると保育の妨げになることもあります。指定された公開日や、許可を得た時間に 訪ねましょう。


入園申し込み

希望の保育園が決定したら、自治体から入園申し込みの書類をもらいます。4月入園の場合は、だいたい 前年の11月頃から受付が始まります。各自治体で1~2ヶ月の前後差があるので確認しましょう。 認可保育園の場合は、途中入園を待機している待機児童がいることもあります。保育の必要性が高い家庭 から受け入れるので、保育に欠ける必要書類はしっかり揃えます。 提出書類は各家庭で異なります。必要書類が不足すると、受け付けてもらえなかったり、保育の必要性が 充分伝わらなくなるので気をつけてください。


入園資格の審査

保育園の入園申し込みをうけた自治体は、定められた入園資格に当てはまる家庭状況や月齢を確認します。 もしも募集定員を上回った申し込みがある場合は、ここで保育の必要性が高い家庭を選考していくことになります。勤務形態や勤務時間以外に、片親、障害や病気による事情も考慮されます。


入園内定

入園の選考結果は、4月入園なら年明けしばらくしてから2~3月始めには通知されることが多いです。 結果は電話問い合わせや郵送です。その後、健康診断や入園に際して説明など面談が設けられます。 正式に入園することに決まったら、保育料などこまかな説明もあります。


慣らし保育

入園前に慣らし保育がある場合は、積極的に参加して子どもが保育園に慣れるように努めてください。この期間は午前中だけなど時間も短いので、勤務中の場合は、仕事の調節をする必要があります。


  • 私たちの仕事
  • 私たちの仕事
  • 私たちの仕事
  • 先輩社員インタビュー
  • 教育・研修制度
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集
  • 社内写真集